毎日最低1万円



と謳う、畑岡宏光氏のコロナ救済プロジェクト「チェンジザライフ」を検証します。



オンラインカジノの「バカラ」で稼ぐための

自動売買アプリの案内です。

1.「チェンジザライフ」プロジェクトの特徴



「Change the Life」は、

オンラインカジノの「バカラ」と呼ばれるゲームで、

お金を稼ぐための自動アプリ「Life」の案内です。



オンラインカジノでは、

「ルーレット」「ブラックジャック」「バカラ」

などの賭け・ゲームが楽しめます。



そのためには、

業者が用意した口座への入金が必要です。



ゲームの内容は、リアルのカジノと同様で、

ゲームに勝てばあなたの口座資金が増えてゆきます。



カジノでの賭博は、

日本国内では禁じられていますが、

海外業者のオンラインでプレイする分には、

今のところ法的に規制されることはありません。



お金も降ろすこと可能です。



そのいろんなゲームの中でも、

もっともシンプルでやりやすいのが

「バカラ」と呼ばれるトランプゲームです。



ゲームでは、

「親」=「バンカー」と、

「子」=「プレイヤー」に、

それぞれトランプカードが配られます。



そしてそのカードの1桁目の数値の合計が

「9」に近いほうが勝ちとなります。



あなたはただ、

バンカーか、

プレイヤーのどちらかにお金をかけるだけです。



あなたが賭けたほうが勝てば、

お金が倍になって戻ってきて、

負ければ掛け金を失う、というゲームです。



これを何度も繰り返すのです。



勝率は50%であり、

コイン投げの裏表当てゲームと同じです。

2.「毎日1万円」の落とし穴



案内には、「Life」アプリによって、



・毎日最低1万円稼げる



と書かれています。



ここで確認が必要です。



それは、「稼げる」という「1万円」が、

「利益」を意味するのかどうかです。



なぜなら、

過去の事例では、

稼げたお金が必ずしも「利益」

ではなかったケースが多いのです。



投資や賭けでは、

勝ったり負けたりを繰り返します。



その時の勝ち分だけを「稼げたお金」と称して、

「負け分」を考慮しない事例があるのです。



例えば、バカラゲームで10回ゲームして、



「勝ち分が5万円」で、

「負け分が4万円」だったとすると、



「稼ぎは5万円」だが、

「利益は1万円」ということになります。



負け分が大きい場合には、

「稼ぎ」はあっても資金は「赤字」

ということも起こり得ることになります。



このようなことがないよう、

しっかりと「利益」について確認することが大事です。

3.「勝率99%」の落とし穴



バカラゲームは、

バンカーが勝つか、プレイヤーが勝つか、

どこまで行ってもその勝率は5割です。



リアルでもオンラインでも、

バカラのゲームは複数のテーブルで行われます。



そこには、ある「クセ」があり、

・バンカーが勝ちやすい

・バンカー、プレイヤーが交互に勝ちやすい

・どちらかが連続して勝ちやすい

などの現象が見られます。



その「クセ」を利用して勝率を高める

という工夫もなされます。



例えば、

プレイヤーが5連勝すれば、

次はバンカーが勝つ確率が高いので、

それを狙う、などです。



また、

そうは言っても結局は5割の確率なので、

資金配分の方法だけで利益を得よう

という手法もいくつかあります。



その中で最もよく用いられるのが

「マーチンゲール手法」です。



この手法は、

資金さえ十分にあれば、

負けることがない手法です。



例えば、負け続けても、

勝つまで以下のような賭け方をします。



・1回目:掛け金 1万円

・2回目:掛け金 2万円

・3回目:掛け金 4万円

・4回目:掛け金 8万円

・5回目:掛け金 16万円

・6回目:掛け金 32万円

・7回目:掛け金 64万円

・8回目:掛け金 128万円

・9回目:掛け金 256万円

・10回目:掛け金 512万円

・11回目:掛け金 1024万円



どんなに負け続けても、

最後に勝てば必ず1万円の利益になります。



(逆に言うと、どんなに大きく賭け続けても、

得られる利益は常に1万円にしかなりません)



5分5分のゲームで、何連敗もすることは

あまりないので、有効とされる手法です。



このときの「勝率」は通常、

いくら負けていても、

最後に勝てば「1勝」というようにカウントされます。



ですのでこの見かけの「勝率」は高いです。



99%を超えることもよくあります。



しかし実際には、

この手法を用いることで、

破産に追い込まれる人が多いのです。



それは、

ごくごくまれにですが、

必ず連敗はやってくるからです。



この手法であれば、999回勝つと、

利益は1万円x999=999万円です。



しかし、

最後の1000回目で10連敗してしまえば、

512万円+511万円=1023万円の負けにより、

結局は24万円の赤字になります。



今回の案内である「Life」アプリは、

「勝率が99%」であるとされます。



ここで確認しておく必要があるのは、

用いられる手法が「マーチンゲール手法」

であるかどうかです。



もしそうであれば、

上でお伝えしたような注意が必要です。



なお、

「マーチンゲール手法」を用いる場合には、

「〇〇連敗したらそこでやめる」

など、損切りルールが大事なことにもご注意ください。



 

4.「チェンジザライフ」プロジェクト参加の注意点



参加を検討する際に最も大事なのは、

その手法を用いた人の過去の実績です。



・過去に何人が実践して

・それぞれの人がいくらを元手にして

・どれくらいの期間で

・いくらの利益を得たのか



などの実績が大事です。



そうすれば、

参加者のうち何人が成果を上げて、

何人が損失を出したのかが分かります。



またそれに加えて、

成果を上げた人の途中の資金の増減も知る必要があります。



それは例えば、

最終的に100万円の利益を得ていても、

途中で50万円の赤字になっており、

その時点で追加の資金が必要だった、

というようなケースです。



このようなケースでは、

その時点で脱落してしまう人が多いはずです。



継続できるのは、

よほど資金の豊富な人で、

かつメンタルの強い人に限られます。



ですので、

成果を上げた人の「途中のお金の動き」

を知ることも大事です。



 



私、ハヤトが実践中の副業はこちら



 



お問い合わせ・メッセージ



 



・ハヤトが実践している副業関連の記事

初心者が副業で成功するために必要な3つの条件

成功するための自己投資方法について

ネット副業「2ヵ月目」の私の成果



・投資関連の記事

FXで初心者が負ける理由と勝つ秘策

FXの専業トレーダーなりたい人へ

投資でメンタル(精神的スキル)が大事と言われる本当の理由



・シニア関連の記事

定年退職した日に涙した家内の言葉

年金10万円のアナログシニアの今後の生き方

会社生活が辛くなった現役の方へ、リタイヤしたシニアより



・健康、マインドに関連する記事

悲しみを克服する生きがいの本質とは?

完全主義 から 改善主義 に変えて掴む成功

人生を変られる「マインドフルネス」とは



・「7つの習慣」簡単解説

問題は自分以外にあるという考えの問題点

見方を変える、自分が変わる、世界が変わる

良い質問こそが結果を変える



・音楽関連の記事

カラオケ100点おじさん、すごい人を見つけました!

恐るべき歌唱力の韓国のシロウト歌上手たち

悲しい酒(古賀政男)をギターで弾いてみました